無痛分娩(和痛分娩)って実際どうなの?リスクは?費用は?体験レポート

育児グッズ

無痛分娩(和痛分娩)って実際どうなんだろう?本当に痛みはないの?リスクがあるって聞くけどどうなの?など、気になりますよね。

実際に無痛分娩(和痛分娩)を体験したので気になるところを解説していきたいと思います!

糸

イチ経験者として参考になればと思います。リスクは必ずありますので、無痛分娩を推奨しているわけではありません。

※記事内の掲載情報の出典は産院でもらった資料です

無痛分娩(和痛分娩)とは?

無痛分娩の種類

硬膜外鎮痛と、点滴からの鎮痛薬投与の2種類があり、世界的にスタンダードになているのは硬膜外麻酔を用いる方法となっているようです。

※日本産科麻酔学会 参照

硬膜外麻酔とは?

頸椎の硬膜外腔にカテーテルを挿入し、そこから局部麻酔を投与する麻酔です。局部麻酔のため、意識がなくなることはありません。

無痛分娩と和痛分娩の違いは?

麻酔の処置自体に無痛分娩と和痛分娩の違いはありません。和痛分娩の場合は痛みの感覚は残してあるので、いきむことができ自然分娩同様の出産ができるようです。

つまり、完全に痛みがなくなるレベルに麻酔を入れるのか、痛みが残る程度の麻酔にするのかの麻酔の量の違いということです。

どんなリスクがあるの?

分娩時間:分娩第2期(子宮口が全開してから赤ちゃんが産まれるまでの期間)が平均して56分超過するという報告があります。いきめないことに関して吸引分娩を行う症例もあります。

徐脈・低血圧:脈が遅くなったり血圧が下がったりすることがあります。

頭痛:約100人に1人、硬膜を損傷することがあります。その場合、座位や立位で増強する頭痛が起こります。安静していれば1週間程度で自然によくなります。まれに1週間以上遷延することや頭蓋内出血に移行することもあります。

▼その他のリスクはこちらをご確認ください▼

Q15. 硬膜外鎮痛の副作用が心配です。 | 一般社団法人 日本産科麻酔学会
糸

私は自然分娩を選んだ場合でもリスクはゼロではないので、無痛分娩を選択しました。

とは言え、事故などは怖いので無痛分娩の実績が多い産院を選んでいます。

費用はどれくらいかかるの?

産院によってマチマチなんですが、私の産院では自然分娩費用にプラス8万円でした。大体プラス10万円ぐらいと思っていただいて大丈夫と思います。もっと安い産院もありますよ。

和痛分娩体験レポート

私が生んだ産院では完全無痛分娩ではなく、和痛分娩だったため、和痛分娩の体験レポートになります。

糸

正直、完全無痛ではなく和痛分娩で良かったなぁと思っています!さっそく解説していきます。

事前説明会に出席

和痛分娩を希望する人は全員参加必須の説明会が毎月開かれているので、都合の良い日に出席します。

ただ、定期検診で出席しなさいよーなどの声掛けが一切なかったので、行く機会を逃して予定日のひと月前ぐらいに参加しました。ちゃくちゃギリギリでも大丈夫なので安心してください(笑)

もちろん説明会を聞いたら、絶対無痛にしなければならないという事はないので、少し興味があるから説明だけでも聞きに行こうっていうスタンスでも全然OKです!

説明会では処置の具体的な説明、実際に硬膜外麻酔を受けている方の動画を見たり、硬膜外麻酔に使う注射針や吸引分娩に使う器具を見たり、かなり具体的にイメージできるように説明していただけました。

もちろんリスクや、痛みはどんな感じになるのといった説明、質疑応答も受け付けてくれました。気になる所は全部聞けたので満足度は高かったです!

ただ、私が1番気になっていた”痛み”については、個人差が大きく麻酔が効きやすい人、効きにくい人で違うけど、麻酔なしの場合の痛みの大体6~8割減という説明でした。

糸

痛みの差、結構あるな…。でもしないよりはかなり楽っぽい

計画分娩日の決定

麻酔科医の先生がいる日しか和痛分娩はできないので、私の通っていた産院では和痛を選択する場合100%計画分娩になります。

※産院によっては陣痛が来るのを待つところもあります

臨月を迎え38週の検診で「明後日、産もうか」と軽く言われました(笑)

正直、1か月ぐらい前にこの日って決めるものと思っていたので、かなりギリギリに決まるってところに、びっくりしました。

今思えば、ギリギリに決まったのは、赤ちゃんや子宮口の状態を見て体の出産準備が整わないとダメだからみたいですね。

糸

検診で子宮口がすでに3cm開いていたのでGOがでました。

前泊(前処置)

計画分娩なので前日、16時入院となります。

私の場合は、既に子宮口が開いていたので何もしなかったのですが、開いていない場合は下記の処置を行います。

▼子宮口開大のための処置▼

ラミナリア、メトロ

前日におしるしや、たまにお腹が張る感じはあったものの、陣痛は全く来てないし、本当に明日生むのか…?と全く実感がないまま病院に行きました(笑)

前処置もなかったので、ただ病院に泊まるだけの状態。暇だったので、朝早いにもかかわらず深夜1時ぐらいまでPSPでゲームしてたのは良い思い出です(笑)

出産までの流れ

翌日、朝6時にLDR(陣痛と分娩が同じ部屋で行える)に移動し、陣痛促進剤を点滴で入れられます。

7時半から硬膜外麻酔の処置を受けます。背中かから硬膜外麻酔を入れられますが、局部麻酔してから硬膜外麻酔を入れられるので、痛みはほとんどありませんでした。麻酔が繋がっている管も細いので、後も残ってないです。

その後、8時ぐらいに朝ごはんを普通に食べます。この時点で全然お腹痛くない。30分ぐらいしたときにお手洗い行ったときに結構な量のお湯が流れた感じがして破水かな?と思い、看護師さんに連絡。確認してもらい「破水してるね~」と言ってもらいます。

そこから麻酔科の先生に再び来てもらって、麻酔がちゃんと効くかのテストで麻酔開始してもらいます。麻酔の液?を管から流してもらうのですが、少し冷たい感じがして足がジンジンするような感覚になります。

陣痛はお腹張ってるときと同じぐらいで、かなり余裕があったので携帯いじってました(笑)定期的に看護師さんが様子を見に来てくれて、子宮口今○cmと教えてくれるので、まぁまぁ進んだなぁとか冷静に思ってました。

10時頃ぐらいに子宮口7~8cmと言われたので、そろそろ夫を呼ぶか(立ち合い希望してました)と思い、電話した直後、急に吐き気に襲われ盛大に嘔吐…。私が吐きやすい体質という所が大きいと思います。

服も床も汚してしまったので、看護師さん2人掛かりで掃除してもらいました。とても申し訳ない…。吐いた後はスッキリして吐き気はなくなりました。

そうこうしている間に夫、到着。陣痛も強くなってきて強めの生理痛レベルに。話せるけど動けないレベルの痛さ。流石にきつくなってきたので麻酔の追加を依頼。(麻酔追加の上限はあるが、自分で追加したい時にお願いするスタイル)今思えば、この時が一番強い痛みでした(笑)

この時点でキツかったので麻酔MAXまで入れてもらいました。そうするとスッと痛みも引いて雑談できるレベルに。子宮口も全開になりいよいよ分娩か、というところで赤ちゃんが下に下がり切っていないということで下がるように四つん這いになるように指示が。15~20分程度、陣痛の波に耐えながら赤ちゃんが下がるまで待ちます。

赤ちゃん充分下がったという所で、気づいたら人がいっぱいいました(笑)助産師さんが3~4人ぐらいですかね?分娩体制に戻って、いきむ指示を受けながらいきみます。この時麻酔が結構聞いているので、全然痛くなかったです。いきみ方も褒められました。

いつの間にか先生がいて、いきむ力が弱いとのことで、吸引分娩に。自分ではどんな感じで吸引されているか分からないのですが、いきむのと同時に引っ張ってもらう感じでした。頭が出たあとは、どぅるんっと体はすぐ出てきて無事、息子誕生…!笑顔で出産できました!

助産師さんにも「笑顔で産めるなんて凄いですねぇ」と言ってもらえました。「自然分娩ならめちゃくちゃ叫ぶ人もいるのに」みたいな話を聞きながら会陰切開部分の縫合を受けてました。全く痛くない(笑)

結果、分娩所要時間は3時間53分の超スピード安産でした!出産にビビりまくっていた私は和痛分娩にしたことを心底感謝しました。

分娩後は…?

赤ちゃんとのカンガルーケアや写真撮影を終えた後は、赤ちゃんは新生児室へ。私は体の回復を待つため、LDRに2時間程度滞在していました。お昼ご飯も出してもらいましたが、その時はあまり食べれず。その時は、やり切った感でいっぱいでした(笑)

皆さん気になるのは産後、麻酔が切れた後の痛みですよね?

糸

正直、痛みそこまでなかったです

一番痛かったのは後陣痛ですね。それも生理痛レベルなので、そこまで酷くなかったです。会陰切開した後の股は、痛いというより違和感が凄かったので、しばらくはビデのお世話になりました(笑)

まとめ

正直、経験するまでは和痛分娩かよぉ…。完全無痛が良いよ怖いよーと思っていた私ですが、和痛分娩最高でした!!!

実際にいきむ感覚はあるので、しっかりいきめますし、産後の回復がかなり速かったです!

1か月検診では先生から「今からオリンピックでも出れるわ」と言われるぐらい元気でした(笑)

陣痛~出産後の痛みは個人差が大きいので私の場合はこうだったという一例です!

因みに同日、和痛分娩を行った妊婦さんは帝王切開になっていました。何があるのか分からないのがお産です。

私は次も絶対に和痛分娩にします。このレポが皆さんのお役に立てればなによりです。

【最低限】出産準備で必要なもの&不要なものリスト
出産準備で調べても本当に全部必要なのかな?無駄なものは買いたくないし、本当に必要なものだけ買いたい!妊娠中、私はそう思っていました。 そこで、私の経験から独断で本当に役立ったものを紹介させてもらいます!
【出産予定のママ必見】臍帯血って何?値段は?申し込み方は?全部教えます!
知らないと後悔するかも…?ということで臍帯血の紹介をしたいと思います。 糸 臍帯血ってそもそも何なの? 臍帯血とは…? へその緒に含まれる血液のことです。それの何が凄いのかというと、臍帯血...

コメント

タイトルとURLをコピーしました